2013年01月17日

フォルクスワーゲンのヴィンテージショー

フォルクスワーゲンの大ファンの知人から、4年に1度ドイツでワーゲンのヴィンテージショーがあるんだけど、詳細って分かるかな?と聞かれました。



?(′ʘ ◡ ʘ‵)?



車オンチな私には分かるはずもなく、確か部長がフォルクスワーゲンを乗りついでいたなと思い、尋ねてみました。

そしたら、色々あるんですね、フォルクスワーゲンのカーショーって。
他のメーカーも一緒のヴィンテージショーやワーゲンだけのものなど、4年に1度のショーも、主催者違いで色々あるようです。

そんな話が出たもんだから、おもしろそうだということで、4年に1度のフォルクスワーゲンのヴィンテージショーに行くツアーを部長が作っちゃいました!

『第6回インターナショナルヴィンテージフォルクスワーゲンショードイツ5日間の旅』
フォルクスワーゲン本社工場がある「ヴォルフスブルク」や「フォルクスワーゲン博物館」や大人から子供まで1日楽しめるフォルクスワーゲンのテーマパーク「アウトシュタット」をめぐる、ワーゲンファンによるワーゲンファンのためのツアー。


designboomより。
ワーゲンのカータワーからの納車。かっこいい!!私でもワクワクしちゃいます☆
テーマパーク形式になってたら、女性も子供も退屈しないで見れますね。

私はメカ系のことはさっぱり分からないので、車は見た目でしか判断できないのですが、古いデザインのものは見ていておもしろいですね。


ビートルかわいぃ♡


バンタイプのヒッピーカーも☆彡

ほんとに好きな人は、車のパーツの蚤の市をぶらぶら見てまわったりするのがたまらないそうです。
2台同じものを所有して、1台は改造用にしたりとか。
贅沢な大人の遊び('A`)アウー


12月に会社の近くでこんなイベントもあっていたようです。
http://www.e-avanti.com/event/womanscar/8194
アヴァンティ読んでるのに見落としてた~~!
知ってたら仕事帰りに行ってたのにいぃぃ~!

写真を撮るのもおもしろそう!
とりあえず、「車ガール×写ガール」の写真コンテストに投票しときました^^

車の楽しみ方って人それぞれですね。
車オンチの私でも楽しめそう!って思いました。
とくにヴィンテージカーって絵になるし写真の撮りがいがありそう♪

フォルクスワーゲンファンで、興味はあるけど個人で手配するのは大変そうだしよく分からない、、、という方必見です!

添乗員も同行しますので、安心ですよ(▰˘◡˘▰)

『第6回インターナショナルヴィンテージフォルクスワーゲンショードイツ5日間の旅』
  


2013年01月07日

博多口の工事が終わってる!


博多駅博多口の歩道橋が完成してる!!
と思って、年末に写真を撮っていたのに、アップしそびれてました。

しかもこの歩道橋、エスカレータ♪♪
やるねーっ(≧∀≦)

知らない人もいると思いますが、ここは、博多駅に向かうときに一回横断歩道渡って、せまい中州みたいなところでひしめき合ってまた信号待ちをして(冬は寒い!)、それでやっと博多駅に行けるという、もどかしさがあったのでした。
地下から行くこともありましたけどね。

ずーっと工事をしていたので、工事の風景が当たり前になっていていつ終わるなんて考えてなかったですよ。

いや、よかったよかった(´∀`)  
タグ :博多


Posted by つこ at 16:19Comments(0)日々の事

2013年01月04日

明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます!



会社は今日から仕事始めです。

毎年の恒例行事・・・になりつつある(笑)、トゥクトゥクでの初詣。
今朝は8時半頃会社に集まり、香椎宮へ行ってきました。

赤はブレーキランプ。

思い起こせば、一年前。
トゥクトゥクがはるばるタイからやって来たのが真冬の日本。2011年の12月末のことでした。

1年前も、まだ乗り慣れぬトゥクトゥクに乗り、吹雪きのなか香椎宮に初詣へ。
会社からたったの約1.8キロですが、往復しただけでグッタリ疲れたのを覚えています。

でも、あれから何度となく、後部座席専門として鍛錬を積んできたおかげで(座ってただけですが)、寒さ対策もパーフェクトで望んだ今年の初詣、寒くなかったとは言いませんが、余裕で参拝、元気に帰還しました。(パチパチパチ)

後部座席は吹きっさらしなので、雪は降ってないとは言え、運転席よりも寒いです。


社長は、なぜかスーツのみだったので、寒い寒いとガタガタ震えてました。。。またあらぬ病気にかからないでくださいね(´Д`)






誰よりも前でお参りしているのは、私ではありませんよ(笑)

この1年間、交通安全祈願に始まりトゥクトゥクも何度も足を運んだ香椎宮。

漫遊に福を連れて来てね、とのお祈りが通じたのか、おかげさまで今年の1月2月はタイ旅行が好調で、総勢100名を送客することができそうです。2年前の洪水の影響を考えるとウソのようです。

2013年もスタッフ一同、皆様にご満足頂ける旅をご提供いたしますので、なにとぞ昨年同様のご愛顧をたまわりますようよろしくお願い申し上げます!

2013年さらなる飛躍をとげる漫遊にご期待ください!  

Posted by つこ at 14:45Comments(0)ごあいさつ

2012年12月17日

トゥクトゥク クリスマスイベント

前回、トゥクトゥクのクリスマスイベント準備中のお知らせをアップしました。

15日の土曜日に無事終了しましたので、そのご報告です(▰˘◡˘▰)

当日は、12時にうちの事務所に集合してもらいました。

まずはお弁当を食べてもらって、そのあと、ぶっつけ本番の衣装合わせです。


サンタ役のIさんは、バッチリですね。きっと今日のために詰め物が必要無いように準備してきてくれたのでしょう。
トナカイも、頭のかぶり物のマジックテープがしまらないくらいで、問題ありませんね。


サイズが微妙で(多分女性用)懸念されていたモミの木、なんとか後ろのチャックは締まりました。

FBにリアルタイムで投稿していたので、「もみの木、ちょっとぱつんぱつん気味ですか。。。」とツッコミが入りました。(しかもアメリカから)

その後、ミーティングで今日の一連の流れを確認。


(自分の格好を知らないので)みんな真剣な顔です。

さあ、いよいよ、事務所を出ます。


出発前の記念撮影。


行ってきま~す!


私はモミ本さんの車に同乗させてもらいました。


なかなかない絵面ですね。


おもしろいw

早めに到着しそうだったので、時間調整中。

トゥクトゥクがソリ、運転がトナカイ、そして後部座席にプレゼントを持ったサンタという演出です。お分かりいただけるでしょうか。

雨の中無事到着!


サンタからまず挨拶です。


みなさまからご提供いただいたプレゼントは、小分けにして、サンタクロースの袋に入れ、代表の子供達4人に渡しました。

プレゼントを一人ひとりに手渡し出来ればよかったのですが、このあと撮影会と乗車体験の時間の都合と、プレゼントの割り振りも先生たちにお任せしたほうがいいとのことだったので、袋ごと預ける形となりました。


そして、撮影会。
照れくさそうにしている子や、満面の笑顔の子、早くトゥクトゥクに乗りたい!という子など、なごやかな撮影会となりました。


トゥクトゥク試乗会は、3人ずつロータリーを2周。
「キャー」「ちょー楽し~!」とはしゃぐ様子をみて、こちらも笑顔になります。

12月であいにくの雨でしたが、気温は暖かかったので、よかった。
子供たちの中には半袖の子もいましたよ。子供は元気だ、、、。


終了後は、お礼状と受領書をいただきました。




私たちの呼びかけでプレゼントにご協力いただいたみなさん、ほんとうにありがとうございました。

そして、当日、園に駆けつけてくださったみなさん、ラッピングのお手伝いをしてくれた2人、facebookで励ましや応援の書き込みをしてくださった、たくさんの方々に心より感謝します。


ラッピング中!

今回、私自身も学ぶことが多かったように思います。
子どもたちも、社会と接する機会があまりないとのことなので、今、何を必要としているのか、先生達とももっとお話が出来る機会があればいいですね。

また、うちの事務所に仕事以外で人が集まりこんなに笑いが起こったりすることってありません。こうやって人が集まる場所っていいな、と思いました。

以上、ご報告でした。

たくさんのみなさま、ありがとうございました!  


2012年12月11日

クリスマスイベント準備中

すっかり寒くなり、クリスマス仕様になったトゥクトゥクちゃん、日本に来てもうすぐ1年が経とうとしています。
車体(からだ)が弱く、この1年間で何度入院したことか・・・。(特に冬)

車の構造はさっぱり分からないのですが、夏に手術をしてもらって、今のところ経過は順調です。
この寒さでもエンジンがかかるようになりました。

今年の夏に、和白青松園という児童養護施設に行き、海外を身近に感じてもらおうと、子どもたちに乗ってもらったら大盛況!
また来てね!と言われ、また来るからね、と言ったまま12月になってしまいました。

せっかくクリスマスも近いので、トゥクトゥクをソリに見立て、運転手はトナカイの格好、後部座席にはサンタが乗りプレゼントを持って、遊びに行こう!ということになりました。

そこで、facebook内の謎の非公開グループ「地球とちゅげき隊」内で、趣旨を説明し、プレゼントの協賛のお願いしたところ、たくさんの方に賛同をいただいて、20日間でこんなにプレゼントが集まりました!




正直、私達もここまで集まるとは予想しておらず、おどろきと、みなさまへの感謝の気持ちでいっぱいです。

当日着るトナカイとサンタの衣装や、後部座席に乗るサンタ役も募集したところ、すぐに名乗りを上げていただき、決定。
facebook内で1回呼びかけただけなのに、反響の大きさにも驚いています。


昨日、プレゼントは締め切らせてもらったので、ただいま仕分け作業中です。バランス考えるのが結構難しいです。

お願いする前から、ラッピング作業手伝いますよ!というお申し出もいただいており、明日は、数名の方が会社に来てくれます。

当日の様子はまたイベント終了後にレポートしますね!

イベント予定日は12月15日土曜日。
12時45分に千早の会社を出発して3号線経由で和白青松園へむかいます。

トナカイの運転する、サンタの乗ったクリスマス仕様のトゥクトゥクちゃんを見かけたら、手を振ってくださいね。
サンタもトナカイも大きなリアクションでお応えします!(自分が乗らないので強気)

子どもたちよろこんでくれるといいな。
お天気良くなりますように!  


2012年12月06日

トゥクトゥク クリスマスバージョン


トゥクトゥクがクリスマスバージョンになりました!


かわいい!




ミニクリスマスツリーもちょこんと飾りました。

今回、素敵なクリスマスバージョンにデコレーションできたのは、Mさんのおかげです。感謝!

Mさんはデパートなどのディスプレイの仕事をされていて、余ったディスプレイを譲ってくださいました。
そのまま外せば、来年の飾り付けにも使えますよ~、とのこと。
ありがとうございます!(≧∇≦)

しかも譲っていただくどころか、飾り付けまでお手伝いいただいて、もう、さすがプロの仕事は違う!といった感じです。
私が100均で材料集めて飾り付けていたらどんなことになっていたことやら・・・。

私と社長も飾り付けをしましたが、Mさんの名誉にかけて、イケてる部分はMさんの仕事、ブサイクな部分は私達です。


今回、私の手作りに◯かせんぺいオーナメントは誰の賛同も得られず却下となりました。

仕方ないので、目の光らないパンダUSBハブにデコレートしました。

ぷーんだ。  


2012年11月29日

大自然にたくさんの野生の動物マサイが暮らす土地タンザニア

タンザニアはアフリカ大陸の東側、インド洋に面しています。




環境保護に力を入れているタンザニアは、動物とその種類が世界一と言われています。

セレンゲティ国立公園はタンザニアで最初の国立公園。
ユネスコ世界自然遺産にも登録されています。



茶色くにごった川をヌーの大群が命がけで渡るシーンをテレビで見たことありませんか?
あの光景はセレンゲティ国立公園で見られる光景です。
ヌーは雨の匂いを嗅ぎつけ100万頭と言われる群れがケニアに大移動します。


鼻の効くヌーが水を求めて移動するときシマウマも一緒に移動します。
そして水辺では川を渡るのが得意なシマウマがヌーを誘導します。
不思議な共存関係ですね。


国立公園内は、サファリカーで移動します。
決められた場所以外は車から降りることはできません。

サファリカーは屋根が開閉できるようになっており、立って車の上から動物が観察できるようになっています。
車の中では全員窓側の座席を確約していますよ!

もうひとつの世界遺産ンゴロンゴロ自然保護区。

ンゴロンゴロ自然保護区は東京23区がすっぽり入ってしまう、巨大クレーターの中にあります。

標高は約1,800m、直径約20km、外輪山の高さ400~600mで、世界最大のクレーターです。


クレーターの縁から眺めるとこんなかんじ。
クレーターの中は水も食料も豊富なので、多くの動物がここにとどまります。

遭遇できたらラッキーと言われる『BIG5』は以下。
・ライオン
・サイ
・ゾウ
・バッファロー
・ヒョウ

これを目撃できたら・・・写真に収められたら・・・
興奮度MAX!

視力5.0の現地ドライバーが動物を見つけたら教えてくれます。
(私達が裸眼で見えるかは別として・・・)

ゾウ、ライオン、バッファローは比較的見つけやすいようです。


この写真、樹の根元にいるのは、ヒョウかチーターか、、、。


ゾウなんて宿泊するセレナロッジの部屋の前まで来ることもありますよ。

そんなところに宿泊しても大丈夫?危険じゃないの?と思われるかもしれませんが、サファリ内での動物の事故は0件なんです。


ライオンにいたっては人を敵だと思っていないので、人を襲うような無駄なエネルギーは使いません。
これはちょっと意外でしょう?

冒頭部分でも書きましたが、タンザニアは自然保護に力を入れています。
サファリをするということは、「動物園に動物を見に行く」という感覚とは根本的に違います。
私達が動物王国に「失礼しま~す」とおじゃまするのです。


もうひとつ興味深いのは、マサイ族の村。


国立公園内には人が住むことが出来ないため、ンゴロンゴロは国立公園ではなく、自然保護区として管理されています。

もともとマサイが先住民族として暮らしてきた土地。
「国境」という概念がないため、パスポート無しで国を行き来することができます。

ガイドの中にはマサイ族もおり、大変信頼出来る民族として知られています。


もともと遊牧民ですが、定住している人たちもいます。


マサイの村に訪れたら、お家を訪問させてもらいましょう。




野生の王国タンザニア。

ダイナミックな自然にたくさんの野生の動物、先住民、、、。

日本とはまるきり違う文化。

文化が違えば違うほどワクワクする!
これが旅の醍醐味ですね!

そんな国を旅行するときの、食べ物や宿泊施設ってどうなの、、、?って気になりますよね。

次回は、タンザニアツアーでの食事と、ホテルをご紹介します!


贅沢はアフリカにあり!~忙しいあなたに、心の洗濯を!~タンザニア9日間の旅
  


Posted by つこ at 17:34Comments(0)アフリカのこと

2012年11月24日

台湾の少数民族とふれあう旅

近くて遠い。
そんな国、台湾。

沖縄よりやや西南に位置し、福岡からはたったの2時間半なので、気軽に行ける外国のひとつです。

台湾といえばグルメにショッピングにマッサージ。
夜は士林夜市で屋台をひやかしたり。
また親日派が多いこともよく知られていますよね。

顔立ちも似ているので親近感がわきます。
現在の民族構成の98%を占める漢民族系の人たちは、中国大陸からの移住者です。

実は、残りの2%は移住者より前から住んでいた先住民族が今でも生活をしています。
先住民族の多くがマレー・ポリネシア系の南方アジアの人種。

特に東部は台湾で稀に見る先住民族の多い都市となっています。
台東の人口約11万人中1万7千人が先住民族です。

今回は、そんな先住民族とふれあう旅をご案内します!


その中のひとつに「プユマ族」という少数民族がいます。
プユマ族は6番目に大きな種族です。


民族衣装が印象的!

プユマの民族衣装は刺繍と織りが繊細なため製造に時間と手間がかかります。
プユマ族を訪れたら、民族衣装もしっかりと見せてもらってくださいね。

そして、「プユマ族」と、とても似た文化を持つ「パイワン族」。
パイワン本族は7万331人、3番目に人口の多い民族で、高砂族と呼ばれるの種族のひとつです。
高砂族は密林でのゲリラ戦に強く、世界最強と言われるほどの戦闘能力を誇っていたんだそう。


その気質を表してか、民族衣装は華やかです。

また、環太平洋火山帯に位置する台湾にはたくさんの温泉が湧き出ています。
日本統治時代に日本式温泉文化が発展し、現在にわかに温泉ブーム。

ツアーでは、パイワン族伝統の金崙温泉にも入ります!
泉質は弱アルカリ性の炭酸泉で心から温まり疲労回復に有効ですよ!

こ旅では、多くの人がイメージする台湾とはちがう角度からひも解いていきましょう。
そんな台湾の魅力を、台湾在住の作家「片倉佳史」氏に案内してもらいます。


台湾特捜百貨店-片倉ドットねっと

片倉さんは、多数のガイドブックの執筆を始め、テレビ番組の出演とコーディネート、講演活動、ラジオ出演などで活躍しています。
台湾人より台湾に詳しい片倉さんのお話は、あらゆる角度から立体的な説明をしてくれるので、とにかくおもしろい話が聞けますよ~!

台湾をもっと知りたい、そんな知的好奇心旺盛なあなたにピッタリのディープな台湾を体験しに行きませんか?

片倉佳史氏と行く!プユマ族とパイワン族を訪ねる台湾4日間の旅  


2012年11月20日

美女とトゥクトゥク

昨日はFBSアナウンサーの財津ひろみさんと歌手の堤田とも子さんが来社されました!

偶然同じ時間の訪問になったので、せっかくだからトゥクトゥクに乗ってもらいましたよ。





美女2人に乗ってもらってトゥク男もよろこんでました!

最近、トゥクトゥクの乗客がバラエティーに富んでいます(≧▽≦)  


2012年11月18日

八角部屋に行って来た。力士とトゥクトゥク。

現在九州場所の真っ最中。
八角部屋に社長が応援している帯広出身の十勝海さんという力士がいます。

力士を載せたトゥクトゥクをどうしても見たい!
というわけで福津の八角部屋までトゥクトゥクで行ってきました。


トゥクトゥクで敷地に乗り入れると力士のみなさんがゾロゾロと出てきてくれました。


異国の乗り物に興味津々なのは、子供も力士も同じです。

きっと力士を載せたトゥクトゥクは漫遊号が初めてに違いないと思ったら名古屋場所でトゥクトゥクで場所入した力士がいたとのこと。

な~んだ (´3`)

でも4人も乗せたのは漫遊号が初めてのはず!

※これで走らせてはいませんので、あしからず。


わーっ、タイヤが〜(゜□゜;)


写真を撮っている力士さんにtwitterに載せてもいいですか?と聞かれました。

どーぞどーぞヽ(^o^)丿
(お名前を存じ上げなかったので、便宜上twitter力士と呼ばせていただいてましたが、北道山という力士さんでした。)

このようにツイートされてましたよ!

帰るとき、運転しながら社長が
「うわー軽い!全然ちがう!」
と言っていました。
力士3人分と比べないでくださいっ Σ(゜□゜;)

力士と後部座席に一緒に乗って記念撮影をしたかったのにすっかり忘れて帰ってしまいました(ノД`)シクシク

翌日は、十勝海を囲む会があり、大変盛り上がり楽しかったです。

とても気さくなお相撲さんです。

社長が発足した「とかちゅう倶楽部」という十勝海を応援する会に入っているのですが、実は相撲のことはまったく分かっていません。。。

幕下20枚目ってなんですか?
座布団の数?

でも、十勝海応援してますよ〜〜\( ^∀^ )/
がんばれ〜〜〜!!