Posted by at

2012年08月20日

雲南省の景勝地 「虎跳峡」


虎跳峡

去年の12月に途切れてしまった、雲南省編を再開します。
12月からしばらくはトゥクトゥクが話題を独占してましたからね~

前回の香格里拉から、山を下って約2時間。もうすぐ、世界遺産の麗江です。
その前に雲南省の景勝地のひとつ「虎跳峡」に立ち寄りましょう。

その名の通り、「虎が河を飛び越えた」という伝説があります。
虎跳峡は、金沙江(長江)から尾根までの標高差3000メートル以上もあり、落差300メートル。
幅が一番狭いところで約30メートルしかないため、流れが急で迫力満点です。

哈巴雪山(標高5396メートル)と玉龍雪山(標高5596メートル)の間にあり、山々に囲まれた渓谷は景色も抜群。
この日は天気も良く、3月なので服装は長袖ですが、歩くのにちょうどいい気候でした。


日本の温泉街にもありそうな風景。


虎跳峡の歩きはじめの入口まで橋を渡るのですが、全員バスを降ろされました。橋の強度の関係だそうです、、、


歩いて渡ります。


橋を渡るとすぐに大きな看板があります。


まずは、のどかな山あいの道を進みます。天気が良くて、ほんときもちいい!


河に沿って写真のように整備された道を一時間ほど歩きました。
とても歩きやすいのですが、片道1時間なので、水分補給や、栄養補給に気を配りながら歩くことをおすすめします。


往復2時間。歩くのに自信がない方は、人力車もありますよ。


虎が跳び乗ったと言われる虎跳石。


次第に河の流れが激しくなってきました。


歩くこと約1時間。ここがこのコースの最終地点ですが、ここから更に下に降りる階段があり、濁流に迫ることができます。


階段を降りて流れの激しい河の間近にきました。


一応、写真を撮りましたが、一番の見ごたえがある場所はおばちゃんに占領されていました。
何枚写真撮るのっ・゜・(/Д`)・゜・。しかも自分のっ

時間がないので、あえなく退散。


テレパシーを送っても動じることなく。


帰りもこの景色。
ふわ~、きもちいい。

この他にも、トレッキングコースもあります。トレッキングをするにはそれなりの装備が必要ですが、このコースは気軽に雲南省の雄大な自然を楽しむことが出来ますよ!


『雲南省/昆明・大理・麗江・香格里拉 満喫の旅9日間』

  


Posted by つこ at 17:15Comments(0)中国のこと

2012年02月04日

桂林なう

天気は霧雨。とても幻想的です。
  

Posted by つこ at 12:49Comments(0)中国のこと

2012年02月03日

今から

桂林に行ってきます@福岡空港
  

Posted by つこ at 13:12Comments(0)中国のこと

2011年11月20日

雲南省の続きの前に

先日より再開した雲南省のレポート。
前回からあまりにも時間が経ちすぎて、実はいまだにメモ帳が見つかりません・・・。

仕方がないので現地でもらった、写真集に日本語の説明が載っている本を参考にしたいと思います。

その表紙がこちら。



なにか違和感があります。
「なう」?

よく見ると「永遠的なシャングリラ」と書いてあります。
「永遠的な」「シャングリラ」で区切って欲しいところですね。

ブログを書く際、調べたいことがありネットで検索していました。
日本語ではなかったので、中国語のサイトで調べることにしました。
わたしは中国語は分からないので、googleの自動翻訳を使いましたが、あまりにもイケてない翻訳でさっぱり分かりません。

『首のリングの馬ピンポーン』
ってどんなフレーズがこんな翻訳になっているのやら・・・。
googleセンセにはもう少しがんばっていただきたいですね。


次回からレポートの続きを紹介していきます。
メモ帳が見つかったら追記していきますね!  


Posted by つこ at 00:36Comments(2)中国のこと

2011年11月08日

雲南省シャングリラ編 再開

ずいぶんと間が空いてしましましたが決して忘れていたわけではありません。

2010年に行った雲南省の記事・・・。

2010年の6月の更新を最後に止まっておりました。

でも、ずっと心の片隅にしこりとなって残っていたのです。
みなさんにご紹介したい素敵なところがまだまだたくさんあるのです。

でも、写真の整理と記事作成時間の確保、そして肝心の現地で書いたメモ帳が見つからないという三重苦のためなかなかアップ出来ずにいたのです。

肝心のメモ帳はまだ見つかっていませんが(汗)写真から記憶を絞りだしてぼちぼち復活しようと思います。

1年以上も間があいてしまったので、シャングリラのおさらいはこちらからお願いしますm(__)m
シャングリラ概要

まずは、シャングリラ古城の続きから。

とにかく標高3000m以上なので、日差しが強い(>_<)
紫外線がダイレクトに肌にビシバシ襲いかかります。
この日影のコントラストで伝わると思います。
3月なので気候は肌寒いです。

この旗もおさらいです。運動会の旗と一緒ではありませんよ!

タルチョと言う祈祷旗で、良く見ると経文や菩薩の絵などが描かれています。
それぞれの色やデザインに意味があり順番も決まっています。
これらの祈りが風に乗って世界中に広まっていくと言われています。


空の青にカラフルなタルチョが目にしみます。


写真を撮っていたら、このおじいさんが大声で何かを言ってきたので、ビクビクしていたら、この建物は何百年前に建てられたものだよ!と教えてくれていたのでした。(動揺して肝心の何百年前というのを忘れてしまいました;)


子供の民族衣装。


民族衣装のガイドのお姉さん。
  


Posted by つこ at 10:20Comments(5)中国のこと

2011年09月30日

屋外洗濯物干し禁止令:上海

去年開催された上海万博。

期間中上海市民にはさまざまな禁止令が出されました。
そのひとつが万博会場一キロ以内は屋外で洗濯物を干すのを禁止というもの。

これだけ聞くと、「それくらいいいのでは?」という気もしますが、屋外は屋外でも、よく歩道に洗濯物が干してあります。

家の中に干す場所がないという住宅事情もあります。



商品の上にも洗濯物が~。 お母ちゃんの下着まで!


おおらかです(笑)


上海の街を歩いて、疑似上海市民体験?
カメラを持って、上海の日常をファインダーに収めましょう!


【関連リンク】
プロカメラマンと行く!撮影旅行 in 上海。
撮影旅行in上海 カメラマンプロフィール
カメラマン松本和生さんよりごあいさつ
ご安心ください。


旅+αの感性を刺激する旅
お問い合わせもいただいております!
締め切りは10月いっぱいまで。
お申し込みはお早めに!



撮っても美味しい上海3日間



  
タグ :上海


Posted by つこ at 14:06Comments(0)中国のこと

2011年09月29日

ご安心ください。

2日前のことになりますが、上海の地下鉄で追突事故がありました。
7月に浙江省で、追突・脱線事故もあったばかりです。

中国の経済発展のスピードには目を見張るものがありますが、今回の事故は人為的ミスと発表があり、経済発展のスピードと人々の意識が追いついていないように思います。
安全管理は徹底してもらいたいものです。


弊社は、上海のツアーも多く取り扱っていますが、基本的に移動は専用車になります。
また、自社添乗員と、長年取引のある現地旅行社から信頼のおけるドライバー、日本語ガイドが安全に楽しく旅が出来るようにご案内いたしますので安心して旅をお楽しみいただけます。

ご不明な点などありましたら、お気軽にお尋ねくださいね!



事故で負傷した方々が一日も早く回復しますようにお祈り申し上げます。

  

Posted by つこ at 16:11Comments(0)中国のこと

2011年09月22日

喜喜



上海の街を歩いているとたまにこのようなものを貼っている家を見かけます。
一体何だと思いますか?

「双喜字」と言って結婚をするとお家に貼る縁起の良い文字なのです。
喜びが2つで二重の喜びですものね^^
まだ新しいと、新婚ホヤホヤのお宅なんでしょう♪


この前中国人に「日本の家庭で一番強いのは父親でしょう?中国は男性が一番弱い。一番強いのは子供。」と言われました。
一人っ子政策で甘やかされた小皇帝が確固たる地位を築いています。

今中国では一人っ子政策で男女の出生率のバランスが崩れ、男の子を望む家庭が多いので、男女比が偏り社会問題となっています。

ところが現在、都市部では女の子を望む家庭が多くなって来ているとのこと。男性はマンション(住宅)を持っていないと結婚が出来ないからだそうです。両親の援助が必要になってくるので、男の子だとお金がかかるんだそうです。

依然、農村部では肉体労働のため男の子が望まれるので、断然男性が多くお嫁さん不足が問題になっているそうですが・・・。


こんな文字もあります。

これは福が逆さまになっていますが、これも「福がやってくる」という縁起ものなんですよ。
中国では蝙蝠も「蝠」の音が「福」と同じなので福を呼ぶということから縁起物とされています。

街を歩いていると縁起物がたくさん。中国はほんとうに縁起かつぎが好きなんですね。

撮っても美味しい上海では、古い町並みが残る旧租界地区の外灘(ワイタン)と、上海の近代化を象徴する浦東を歩いて撮影します。上海の人々の日常が垣間見えて、普通のパック旅行とはちょっと違う非日常体験ができますよ!

【関連リンク】
プロカメラマンと行く!撮影旅行 in 上海。
撮影旅行in上海 カメラマンプロフィール
カメラマン松本和生さんよりごあいさつ


旅+αの感性を刺激する旅
10名限定の初回限定価格になっています!
お見逃しなく☆

撮っても美味しい上海3日間

  


Posted by つこ at 10:48Comments(2)中国のこと

2011年09月12日

中国のグラフティアート

M50から一歩外に出たアパートにグラフティアートが描かれています。

おそらく一般の人が住んでいるであろうアパートです。


こんなところにも。






筆のモニュメントがあるこの建物はおそらく水墨画か何かのミュージアムでしょうか。(すみません、詳しいことは分かりません;)その敷地内の壁にもグラフティがびっしり。


パンダがたくさん描かれている中国らしい!?グラフティアートでしたicon194


旅+αの感性を刺激する旅
M50にも行きます。
10名限定の初回限定価格になっています!
お見逃しなく☆

撮っても美味しい上海3日間


  


Posted by つこ at 15:06Comments(0)中国のこと

2011年08月11日

上海変身フォト続き

上海変身フォトの続きです。

2階が撮影スタジオになっています。
背景も豊富。





この他にもまだまだたくさんありましたよ!

そして、小道具もずらり。



これらを駆使してプロに撮影してもらうと、もう、まるで別人!
※私ではありませんよ!





上記はサンプルなので、ビフォア・アフターが分かりませんが、実際に撮影してもらうとその変身っぷりに驚きます!

良い記念になりますし、お友達、仲間同士でおおいに盛り上がって楽しいですよ〜ヽ(^o^)丿


変身フォトで非日常体験!
観光しない上海



  


Posted by つこ at 12:17Comments(2)中国のこと

2011年08月09日

上海で変身フォト

こんにちは、つこ娘です!

うそです!

先月の上海下見で、変身フォトのスタジオを訪れました。

変身フォトといえば女性が主役。
なんとなく女性の衣装は豊富にあることは想像がつきます。

しかし、男性は・・・?

社長が
「・・・まさか、人民服じゃないよね・・・。」
と言い、急遽フォトスタジオの下見の指令がでました。


ここがそのスタジオです。


衣装がズラリ!


ウェディングドレスから、


子供服まで。


アクセサリー類や・・・


ウィッグも豊富。これで、どんな人物にも完璧に変身できます。


相談をしながら、


色々試してみてくださいね!


衣装が決まったらメイクをしてもらい、


このように仕上がります!


すてき!




さて、肝心の男性の衣装は・・・。

手元のカタログを広げてみます。


「!!」




・・・これは・・・!!


人民服もアレだけど、これもあんまりでは・・・。

恐る恐る、他にどんな男性の衣装があるか尋ねてみました。

そしたらありました、ありました。

様々な時代の皇帝の衣装などが揃っておりました。







いや~、よかったよかった。

これは、男性も気分が上がりますね~。
衣装を選ぶのもわくわくしますね!

やはり女性より種類は少ないですが、どれも凝っていてゴージャス!
先ほどのペーの衣装は見当たりませんでした。

仕上がりはこんなかんじ。

すてき!皇帝気分を味わってください!

これで安心してお客様をご案内できます。
男性もぜひトライしていただきたいですね!



女性は、中国風からモデル風まで種類が豊富。


モデルさんの気分も味わえますね〜。楽しいですね~。

定番のチャイナドレスもありますが、これはかなりスタイルに自信がないとなかなか手はだせません。

ガイドの孔さんが
「チャイナドレス(着れる人)は胸があってウエストが細いの。最高ネ。」
と言うのでスルーしていたら、3回ぐらい同じことを言ってました。

皇帝帽を被る孔子の子孫。



ちょっと長くなってしまったので、次回に続きますね!


変身フォトで非日常体験!
観光しない上海



  


Posted by つこ at 15:28Comments(0)中国のこと

2011年08月03日

上海定番観光スポット「上海博物館」「豫園商城」

今回は上海観光定番の2スポットをご紹介します。

まずは、上海博物館。

青銅器が外観のモチーフになっており、洗練された雰囲気が漂う建物。

4階建ての近代的な建物の中には、少数民族の工芸品や明・清王朝時代の家具、陶芸品、書画、そして収蔵品の中で最も多い青銅器などが収蔵されており、清時代以前のもので国宝級の貴重な文化財などが収蔵されています。

個人的に好きなフロアは、4階の中国の少数民族の衣装です。


特に好きなのがチベタン(チベット民族)。
チベット族のなかにも更に民族が分かれるので、一概には言えませんが、中華風でありどことなく西洋的な要素もあり、それこそコンテンポラリーアート風ですてきなのです。

チベタンの男性の衣装も好きなのですが、展示品のほとんどが女性の衣装です。
やっぱり華やかだからでしょうか?

館内の撮影はOK。一部フラッシュNGです。


社会科見学かな?賑やかface02icon10






次は豫園商城。
旧上海城内にある明代の庭園の周りに、さまざまなお店がひしめき合う観光名所です。

ここも常ににぎやか。日本でいうところの浅草です。
豫園は【よえん】と読みます。
ガイドさんがほとんどの日本人は【ぞうえん】と呼ぶと嘆いていました。
確かに"象"という字が入っていますもんね。
でも、左側の編は"予"なので、こちらで【よえん】と覚えてみてはいかがでしょうかicon66

ちなみに「豫」=「平安」、「愉」で楽しいという意味です。





スタバも入ってます。



いかがでしたでしょうか?
どこ行ってもにぎやかですが、中国の悠久の歴史を感じながらそぞろ歩くのも楽しいものです。

とにかく中国はエネルギッシュ!
ぐったり疲れるかと思いきや、逆に明日からまたがんばるぞーicon09icon108
とパワーを分けてもらえますよ!

上海博物館、豫園も行きます。

  


Posted by つこ at 16:43Comments(0)中国のこと

2011年07月13日

福岡空港なう。


今から上海経由で成都へ向けて出発です。

  

Posted by つこ at 14:48Comments(2)中国のこと

2010年07月30日

英語の名前を漢字にすると

先日香港に行ったときの写真ですが、

欧米人観光客用に英語の名前を漢字で書いたものが販売されています。

「オー、ファンタスティック!」
とか言って喜んで買っていくんだろな。


とはいえ、これはあんまりだと思うのです。


=======================================
夏のおすすめツアー大募集中ですヽ(^o^)丿☆

★福岡よしもとの若手お笑い芸人さんと行く
角島・西長門リゾート日帰りツアー★

個人旅行では、なかなか体験できませんよ~!

■東京行き格安プラン■
まだ空きがあります☆

○大好評!グルメな香港3日間!
ジャッキー・チェン行きつけのお店にも行きますよ☆
=======================================

゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*:.。. .。.:*・゜゜・*:.
旅の漫遊(まんゆう) ~ゆったりよい旅!~
営業:平日9時~18時 土曜日9時~17時 日・祝日休み
福岡市東区水谷2丁目3番15号 第一めぐみビル1階
TEL:092-674-2012
FAX:092-674-2013
サイドバーのメッセージからもどうぞface02
http://www.manyou.biz/
゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*:.。. .。.:*・゜゜・*:.  
タグ :香港


Posted by つこ at 00:13Comments(2)中国のこと

2010年07月28日

めずらしい虹

香港で太陽の周りを囲んでいる虹を見ました。

雲もあるのでちょっと分かりづらいのですが・・・。

帰国後、ちょうど日本でもこのような虹が観測されたというニュースをみました。
環水平アークというんですね。
初めて知りましたface08

珍しいものを見れてちょっと得した気分。いいことあるかな♪

=======================================
夏のおすすめツアー大募集中ですヽ(^o^)丿☆

★福岡よしもとの若手お笑い芸人さんと行く
角島・西長門リゾート日帰りツアー★

個人旅行では、なかなか体験できませんよ~!

■東京行き格安プラン■
まだ空きがあります☆

○大好評!グルメな香港3日間!
ジャッキー・チェン行きつけのお店にも行きますよ☆
=======================================
お問い合わせはお気軽に♪
゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*:.。. .。.:*・゜゜・*:.
旅の漫遊(まんゆう) ~ゆったりよい旅!~
営業:平日9時~18時 土曜日9時~17時 日・祝日休み
福岡市東区水谷2丁目3番15号 第一めぐみビル1階
TEL:092-674-2012
FAX:092-674-2013
サイドバーのメッセージからもどうぞface02
http://www.manyou.biz/
゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*:.。. .。.:*・゜゜・*:.  


Posted by つこ at 23:38Comments(4)中国のこと

2010年07月20日

ジャッキー・チェンの自宅


頂上の。
@香港
  

Posted by つこ at 18:49Comments(3)中国のこと

2010年06月24日

ビニール袋禁止



シャングリラの街中は、ビニール袋の使用が禁止されています。
自然保護のため、紙袋か竹かごを利用しているという事をガイドさんが声高らかに説明していました。

・・・が、街中に落ちているのを見ましたが・・・?
あまり徹底はされていないようですface11

でも、中国の他の土地に比べるとはるかに落ちているごみは少なく、街はかなりきれいですicon97

゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*:.。. .。.:*・゜゜・*:.
旅の漫遊(まんゆう) ~ゆったりよい旅!~
営業:平日9時~18時 土曜日9時~17時 日・祝日休み
福岡市東区水谷2丁目3番15号 第一めぐみビル1階
TEL:092-674-2012
FAX:092-674-2013
サイドバーのメッセージからもどうぞface02
http://www.manyou.biz/
゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*:.。. .。.:*・゜゜・*:.  


Posted by つこ at 10:49Comments(0)中国のこと

2010年04月27日

チベットワイン


シャングリラのレストランで飲んだチベットのワインicon152


その名も「チベタンドライ 大蔵秘」!!
味は甘めなので、ワイン通には物足りないかもしれませんface04

珍しいので絶対買って帰るぞ~~と張り切っていたのですが、なかなか見つからず。

でも、意外や意外、歩き疲れた麗江で、アイスを買おうと入ったお店にありましたface08

アイス君が導いてくれたのねicon12icon12  


Posted by つこ at 17:54Comments(5)中国のこと

2010年04月20日

イケメンすぎるホームレスの意外な事実

お待たせしました(^_^)


昨日ご紹介した、中国のイケメンホームレスさん。
中国では、「目つきの鋭いアニキ」と言われ、おっかけや「結婚したい」という女性ファンまで現れる始末。
しかも、映画製作の話まで浮上しているとか。

彼を知る人物の話によると、彼は以前軍隊に所属しており、過酷な洪水予防作業を行い、隊から表彰されたこともあるそう。
ただ、退役後は満足な職につけず、現在の境遇まで落ちぶれてしまったため、

「昔の自分は死んでしまった。過去の話はよしてくれ。」

と語ったとか…。
渋~!

いやいや、これが衝撃の事実ではありません。

その後、ついに彼の身元が判明。

彼は江西省出身の出稼ぎ労働者の34歳(年齢には色んな説があるようですが)。11年前に故郷を出た後、音信不通になっていたそうです。

そして彼には、奥さんと2人の子供がいる事も判明。
奥様は昨年交通事故で亡くなられていたそうです。

いやいやいやいや、これが衝撃の事実では、ありません。

彼の報道が過熱し始めると彼の普段のファッションの写真が公開されました











…。
…。

…えーん(T□T)


女装趣味、と報じられている一方で、ただ捨てられていた服を着ていただけ、心疾患がある、などと色々報じられています…。
最初のワイルドな格好の方が、たまたまだったとの話もあります(@□@;)

真意のほどは定かではありませんが、何はともあれ、これがきっかけで再会を果たした家族は彼を故郷に連れて帰り、一緒に暮らしたいと考えているとの事。

彼も、自分の知らないところで勝手に写真を公開され、世界中?で大騒ぎになり、プロフィールまで出回って、ずいぶん振り回され、大変でしたね;

そして最後に、故郷に戻り、髪を切りヒゲをそった彼も、また別人のようだと言う事で、話題をかっさらっていました。



おわり。  


Posted by つこ at 11:19Comments(11)中国のこと

2010年04月19日

イケメンすぎるホームレス

みなさん、少し前にネットで話題になっていた、中国の「イケメンホームレス」を知っていますか?


中国本土はもとより、日本でも「イケメンすぎるホームレス」や「ホームレス王子」などと言って、話題になっていたようです(笑)

しかも、イギリスでも注目され、こんな写真まで↓でてくる始末。


だんだん、「イケメンホームレス」熱がヒートアップしてきたので、ついに保護される事となったホームレス王子。

そして、彼の素性が明らかになると共に、衝撃の事実が!


続く


  


Posted by つこ at 18:51Comments(8)中国のこと