Posted by at

2012年06月26日

ソウル・番外編


サムゲタンの名店「土俗村」に向かう途中、チマチョゴリのお姉さんたちがある食堂の前のベンチに座っていました。写真撮ってもいいですか、って聞いたら立ちあがってくれてこの笑顔。色とりどりでカワイイですね~


景福宮を出てサムチョンドンに向かう途中に見つけたシュールなゴッホ。


ネイキッドミュージアム。今は工事中の韓国国立現代美術館ソウル館。2013年にオープンだそうです。


屋根の上にも謎のオブジェ。


これは、空港で。
美男美女ぞろい。伝統衣装ってステキですよね。  
タグ :韓国ソウル


Posted by つこ at 13:34Comments(0)韓国のこと

2012年06月25日

ソウル3日目最終日


最終日の朝食は、リッチにアワビ粥を食べに行きました。


入口そばにアワビの水槽があります。


おばちゃんが、今からこれを調理するからと見せにきました。
電話の片手間w

量は少なめに見えますが、朝ごはんなのでちょうといいくらい。お腹いっぱいになりました。味もよかった!

朝食の後は、お散歩&食べ歩き。


韓国銀行旧本館で現在貨幣金融博物館。


ソウル中央郵便局。遠目でもかなり目立つ。


大使館ではなく両替所。


朝の南大門。夜とだいぶ雰囲気が違いますねぇ。


おいしそう☆彡


とりあえず、買う。
甘系のスイーツでした。
タコ焼きくらいの大きさの生地のなかに甘さ控えめの餡子が入っているおやつも買ったんですが、写真撮り忘れました。
そういえば釜山にもあったなぁ。


昨日のリベンジで南大門のホットク屋さんへ。


これこれ♪

おいしかった(^q^)
けど、釜山の国際市場の人気店の方が好きだったかなー。

このあと、ホテルにもどり、荷物をとって空港へ向かいました。

以上、ソウルレポは一応おわりです。

2日目の夜にマッサージにも行ったんですが、おばちゃん、力強すぎて次の日揉み返しがきたよ、、、(´Д`)
リニューアルオープンしたてで、店内はとてもきれいでよかったんですけどね。

おいしいものいっぱい食べて、歴史や文化に触れて充実の3日間でした。
ショッピングやグルメもいいけれど、見ごたえたっぷりの世界遺産めぐりもオススメですよ!


次回は番外編をお届けします。  
タグ :韓国ソウル


Posted by つこ at 13:52Comments(0)韓国のこと

2012年06月14日

ソウル2日目 景福宮やグルメやら


ソウルのシンボル「景福宮」。


かつての朝鮮王朝の王宮です。

この前に2つの世界遺産をじっくりまわったため、このときすでに17時近く。景福宮は広場の西側の門から入り東側に通り抜けただけでした。
実はもうへとへとで、はやく休憩した~い!スイーツが食べた~い!とばかり考えていたのでした。


景福宮の東側には、サムチョンドンというオシャレスポットがあります。


この欧米風のカフェでひとやすみ。

景福宮の北側に大統領官邸があります。
糖分補給をしたあとは、こちらに向かいました。
グループの場合、ひとりだけパスポートの提示を求められます。

数年前にここで撮影していたら没収された人がいたと聞いたので、念のため近くにいた女性のセキュリティーの人に聞いてみたらやっぱりNG。
というわけで、写真はありません。結構撮ってる人はいるらしいんですけどね・・・。
英語で「写真撮ってもいいですか」と聞いて断られたんだけど、もしや自分の写真と思ったのではあるまいな。。。


そしてこの日の夜ごはんはサムゲタン♪大統領も来る人気店。ずっと行列が出来てました。


韓国料理の中で一番好きかも知れないサムゲタン。ここのは見た目よりかなりあっさりしています。
好みで塩を入れて味を調整します。サムゲタンのおかげでお肌つやっつやですよicon12


店内。にぎやか。


夕食後は、南大門をぶらぶら。
人気のホットク店に行ったけれど売り切れでした(泣)


仕方ないので、近くのカフェで米粉を使ったスイーツを食べました。おいしかったんですが、写真は撮り忘れました。えへ。

なんかずっと食べてない~~?と指摘を受けましたが、はい、ずっと食べてました☆彡


帰って来たら
体重がですねー
2キロ増えてたんですよ
こわいこわい


~つづく~  


Posted by つこ at 16:44Comments(2)韓国のこと

2012年06月11日

ソウル2日目 ユネスコ世界文化遺産「宗廟」


ここは朝鮮王朝時代の歴代の王と王妃が祀られている霊廟です。
儒教の思想に基づいた、落ち着いた雰囲気の建物です。また、毎年5月に行われている、王室の祭礼「宗廟大祭」は、ユネスコ世界無形文化遺産に登録されています。


屋根には魔よけの動物達。


この案内版は華やかですが、ここの建築物は全体的に華美にならず、緑に囲まれ素朴で静かなこころ落ち着く場所にあります。


入口から進んでいくと右手に中池塘があります。陰陽思想に基づいた池で、真ん中の島には堂々とした香木があります。


この石畳の道の真ん中は神が通る道なので、人はあるいてはいけないことになっています。


斎宮。祭祀の準備が行われた場所。



いまでも「宗廟大祭」では伝統的な民族衣装をまとい祭祀が行われる。

前回少し書きましたが、この宋廟にはかつて日本の皇族だった李方子(りまさこ)さんが祀られています。
韓国の王族の霊廟に日本人が祀られているって知っていましたか?
もと皇族の方子さんは朝鮮王朝の皇太子と政略結婚だったのですが、皇太子の垠殿下は日本にいたため、結婚生活は日本で行われました。
日本が敗戦後、王公族の身分と日本国籍を失います。その後、ソウルに渡り韓国に帰化しました。
かなりかいつまんだ説明ですが、皇族に生まれたばかりに一般人にはない大変な苦労をされています。まさに時代にほんろうされたお姫様、と言った感じです。ただ、日本と韓国のかけ橋になることの責任を認識し立派にお勤めを果たそうと努力されたようです。

せっかくソウルに行ったなら、ぜひ歴史的文化に触れてみることをおすすめします!韓国の違った側面が見えてきて、おとなり韓国との距離がまたグッと縮まることでしょう。
宋廟も昌徳宮と同じく趣があって、また不思議な癒しスポットですよ。

そして、ショッピングにグルメにエステももちろん、力いっぱい楽しみましょうね☆彡


つづく。
  


Posted by つこ at 17:16Comments(0)韓国のこと

2012年06月07日

ソウルのソウルフード

韓国の代表的な料理は数あれど、ひそかに「ナクチポックン」も良く食べられる料理のひとつです。
ソウルフードとまで行ってよいのかは疑問ですが、、、。
※ナクチ=タコ ポックン=炒める

ソウル2日目の昼食は、社長オススメのお店に行きました。

ソウル市民に人気のウジョンというタコ炒めと鍋のお店です。


パッケージツアーでは絶対に入らない地元のお店。
実際は、写真よりもっと薄暗いです(笑)


タコのお店ですからネ


まずお野菜がきます。


そして、ナクチ。


お姉さんにチョキチョキはさみでカットもらいます。


お野菜に混ぜて辛さと味を調整します。
ここのナクチはすんごい辛いです(T□T)
もやしは追加できるので、大量のもやしとごはんを混ぜて中和させて食べます。
辛いもの好きで、お酒を飲む人にはたまらないと思います。


アルミの容器に入っているのはマッコリです。この容器が地元のお店らしくていいですね。私は飲んでませんが、ナクチにはビールの方が合いそうかな。
その奥がチジミです。ここはチジミもおいしいです!

ナクチ、おいしいのですが、最近辛い物を克服した新参者が太刀打ちできる辛さじゃなかったです。さすが本場。。。
チジミのタレをかけて食べるという邪道なことをしてしまいました。


この日は日曜日。翌日の5月28日月曜日は「釈迦誕生日」で韓国の祝日です。
日本では4月8日ですが、韓国では旧暦の5月28日に祝います。
街中はこのように提灯が飾られ、仏像や仏陀にちなんだモニュメントなどを見かけます。

食後はユネスコの世界文化遺産に登録された宗廟へ行きました。
歴代の王、王妃が祀られています。ここには日本の皇族から嫁いだ李 方子(り まさこ)さんも祀られています。
次回は、宋廟編をお伝えしますね。



最後に、宋廟の前に公園があります。


おじいさんたちでごった返しており、何事かと思いました。
話によると、引退したおじいさんたちは、家にいてもすることがないので、ここに集まり碁のようなゲームや韓国の伝統的なゲームに興じたり、友達を作って会話を楽しんでいるそうです。。。  


Posted by つこ at 16:25Comments(0)韓国のこと

2012年06月04日

ソウル2日目 パワースポット昌徳宮

ソウル2日目。
朝食はホテルでとりました。

え?夕食の写真じゃないですよ?それに韓国ですよ?


お酒の棚の前にシリアルとトースト。
居酒屋が朝食会場でした。おもしろい(笑)


この日はソウル在住の姉のお友達に1日ソウル観光に連れて行ってもらいました。移動は公共の交通機関。

地下鉄市庁駅で待ち合わせ。レンガ造りのレトロな雰囲気です。


座席が優しくない(泣)電車によってはちゃんとクッションでした。

まずはユネスコ世界文化遺産の昌徳宮へ。韓国の宮殿は風水に基づいており、昌徳宮はパワースポットのひとつと言われています。

私たちは日本語ガイド付の後苑特別観覧に参加しました。


ちょうど新緑がまぶしい季節。空気が清涼感あふれていて、ほんと、気もちいい♪


とってもすがすがしくて、パワースポットと言われるわけが分かるような気がします。


この、三日月を90度ひっくりかえした形の瓦のモチーフはクモです。
韓国では朝のクモは殺してはいけないと言われています。


芙蓉池。ここは韓流歴史ドラマ「チャンムグの誓い」に出て来たようですね。
参加者の中にはドラマを観ている人もいて、撮影スポットにくるとうんうんとうなずいていました。


不老門。くぐると長生きするそうです。


これはオンドルの焚き口。家来の部屋のオンドルです。


これは王妃のオンドルの焚き口。家来に比べてやっぱり豪華。


その母屋。割と質素ですが、自然と調和して落ち着きがあります。


六角形の尊徳亭。奥には池があり、静かにくつろげます。


天井には王の威厳を象徴する双竜が描かれています。


坂をくだったところに玉流川があります。現在は水がは流れていませんが、歴代の王や王妃は趣のあるこの静かな場所で自然を楽しみました。


ここまで来たときに、雨がひどくなってきました。仕方がないので、参加者皆ここで雨宿り。
朝は晴れていたのですが、2時間の間に晴れたり曇ったり雨が降ったり、なにかの儀式のようになっちゃいました。
参ったな~と思いながら、石段に座って雨が小降りになるのを待っていましたが、不思議と心地よいのです。このままここで雨音や風と木々のざわめきを聞きながら眠ってしまいたい、、、と切に思いました。(夕べ東大門から帰って来たのも遅かったですしね)
ああ、王様だったら、家臣に「このままここで休むぞよ」とか言って寝ちゃったりできたんだろうなぁなどと考えながらぼんやりと雨が止むのを待ちました。

雨って浄化の意味があるんだそうですね。ここに来てなんだか憑き物がとれた感じがします。なんか憑いてたんだろーか私には・・・。

昌徳宮は自然の中に調和するように存在しています。私たちが参加した後苑特別観覧は2時間くらいあります。
なにせ、山の中。坂の登り降りがあるので、歩きやすい格好で、夏場はしっかり水分補給をしながら行くことをおすすめします。
ただ、ほんとうに、自然あふれる気持ちの良い場所なので、ソウルに訪れた際は浄化されにこのパワースポットに訪れてみてはいかがでしょうか。
  


Posted by つこ at 15:48Comments(0)韓国のこと

2012年05月31日

ソウルに行ってきました


週末に大韓航空で2泊3日のソウルの旅に行ってきました。


荷物を受け取るターンテーブルに車がありました。つわものがいるんですねぇ


この日は免税店などに立ち寄ったあと、夕食は新鮮なミノで有名な「良味屋」へ。


ミノももちろん美味しいのですが、カルビもおいしい!








刺身冷麺。お店のおばちゃんが、これにカルビのっけて食べてもおいしいよ、と身振り手振りで教えてくれました。


韓国風お味噌汁。いりこだしのピリから味のスープ。
ごはんと食べるとおいし~い。日本人としてはたまりませんね^^


食後は東大門市場で腹ごなしのお散歩。土曜という事もあって22時を過ぎてもすごい賑わい。


よくこれを食べてる人を見ました。おいしそう♪
でも別腹は甘いものにしか空けていなかったので(笑)、買いませんでした。
たぶん、串に刺さったフライドポテトだと思います。


いま、タイ焼きがじわじわ来てるみたいですよ。厳密にいうとタイ焼きではありません。具材が、甘系からお惣菜系までたくさんの種類がありました。


写真撮る前に少し食べちゃいました(笑)
私のはもっちもちの米粉の生地にお芋のあんが入っているソフトクリームのセットにしました。

甘いもので〆て満足満足。


このあたりは朝まで営業しているお店が多数あります。「doota!」というファッションビルへ行きました。
すでに23時をまわっているのにたくさんの人で賑わってます。わくわく。




次の日はびっしり観光の予定が入っているので、全フロア周ることなく、12時にはホテルへ戻りました。

このパンダは視力矯正メガネをしているのかなあ。
斬新。


~つづく~  
タグ :韓国ソウル


Posted by つこ at 15:57Comments(2)韓国のこと