2012年10月26日

ラクダで旅するタクラマカン砂漠

今回のタクラマカン砂漠の旅、聞いた話と、渡された写真でしか想像できないのですが、一つ気付いたことは

ラクダが集団で座っていると、一体何頭いるのか分からなくなるということです。

どれが頭でどれがコブか分かりません。
隙間なく座られると更に分かんなくなっちゃいますね。


このタクラマカン砂漠はかつてシルクロードと呼ばれ、何カ月もかけて横断したヨーロッパとアジアの国際交易路。

この写真なんかまるでタイムスリップしたかのようです。ほんの10日ほど前の写真なんですけどね!

ラクダの隊列。いい写真ですね~


しかし、「死の砂漠」と言われたもっとも古い交易路は、当時、死と隣り合わせの旅だったことでしょう。

今回、大きなトラブルはなかったみたいですが、社長のブログによると途中ガスタンクが壊れたため、調理は直接焚火に野菜を放り込むことになったようです。これが一番のトラブルと言っていいかか分かりませんが、、、。


火も、薪を集めるところからです。


お肉も拾ってきた枝に突き刺します。


超ワイルド!!


砂漠の夜は冷え込みます。ウイグル族のラクダ使いさんがいい雰囲気を演出していますね。

タクラマカン砂漠の旅の珍道中の詳細は、どこでも漫遊記をご覧ください。

5話にわたるタクラマカン漫遊記シリーズの【完結編】、この話の流れでなぜ私の名前が出てくるのかが分かりませんが、砂漠の旅、女性でも大丈夫だそうですよ。トイレさえクリアできれば。
ただし、私が引率するより、ラクダを一頭増やした方がよっぽど役に立つと思います。

でも、砂漠の星空は見てみたいなあ。頭上に広がる満天の星空。

東京から参加の向田さんは、星空を眺めながら砂漠に寝転んでいると、悩み事なんてこの広い砂漠の砂粒ひとつくらいでしかなくなるぞ!と興奮した様子で語ってくれました。

リクエストしていた星空写真。

上手く撮れなかったので、星は出てなかったことにしてくれ、と社長に頼んだそうですが、撮れなかったことを早々にブログにアップされておりました。

でも、満天の星空であることは伝わってきますね!

今回、参加者みなさんケガもなく無事に帰還、感動の旅だったようでほんとうによかったです。

出発前に日中関係が不安定になったこともあり、催行中止の可能性も出ました。
しかし現地と連絡を取り合い、安全を確認したうえで、出発。
中国人の友人達との日中混合隊は、小さな日中友好の旅になったようです。


どうですか、みなさん?ラクダにゆられて砂漠を旅してみたくなりませんでしたか?
短い期間でも、文明から離れて、厳しい自然のなかに身をゆだねると、きっと人生観が変わることと思います。


私は同行できませんが、ラクダにゆられて砂漠の旅に出たくなったら、ぜひ旅の漫遊にご相談ください!!




旅の漫遊公式facebookページ
いいね!でお得で楽しい旅情報をゲット

゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*:.。
icon123旅の漫遊(まんゆう) ~ゆったりよい旅!~icon123
営業:平日9時~18時 土曜日9時~17時 日・祝日休み
福岡市東区水谷2丁目3番15号 第一めぐみビル1階
TEL:092-674-2012
FAX:092-674-2013
サイドバーのメッセージからもどうぞface02
http://www.manyou.biz/
゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*:.。


同じカテゴリー(タクラマカン砂漠)の記事画像
タクラマカン砂漠の旅2
タクラマカン砂漠の旅1
ホータン・グルメ/フルーツ編
ホータン/グルメ編
ホータンバザール
ホータンのシルク工房
同じカテゴリー(タクラマカン砂漠)の記事
 タクラマカン砂漠の旅2 (2012-10-23 16:13)
 タクラマカン砂漠の旅1 (2012-10-23 15:51)
 ホータン・グルメ/フルーツ編 (2012-05-14 13:59)
 ホータン/グルメ編 (2012-05-11 14:13)
 ホータンバザール (2012-05-08 11:39)
 ホータンのシルク工房 (2012-05-01 17:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。